沿革

当社は昭和24年に全国食糧増産同志会の外郭団体として設立され、農業技術図書の刊行を業務とし、戦後の食糧難緩和に心血を注ぎ祖国日本の再興の一翼を担っておりました。
以来、その起業精神を引き継ぐ企業として、果すべく役割を社名「生産日本社」に託し、経済活動に参画致しました。
強面な社名が少しでも皆様に馴染んで頂けますよう、略称「セイニチ」と共に企業の責務を果たすべく歩み続けています。

昭和28年
合成樹脂応用研究に着手。第1号製品「ビニチャック®S」発表
昭和29年
「ビニシール®S、L」発表。PVC加工製品の製造開始
昭和34年
「ユニパック®(チャック付PE袋)」生産技術開発。包装材料部門進出
昭和36年
浜松工場竣工
昭和37年
欧州各国に「ユニパック®」技術輸出。特許庁優秀発明賞受賞
昭和38年
米国に「ユニパック®」技術輸出
昭和41年
「テンチャック®S、J(PVCファスナー)」発表
昭和42年
「ミニグリップ®(チャック付PP袋)」発表
昭和44年
浜北工場竣工「スリットパック」「ユニハンディ®」発表
昭和45年
「ラミジップ®(PEチャック付ラミネート袋)」発表
昭和46年
欧州各国、米国、南ア連邦に「ラミジップ®」技術輸出
昭和47年
「ダイラミ®(チャック付PP複層袋)」発表
「Zトラック(産業用PVCファスナー)」発表
昭和51年
「パールソフト®(複層発泡PE袋)」発表
昭和56年
「OP・グリップ®(チャック付OPP袋)」発表
昭和57年
「ラミジップ®スタンドタイプ(底ガゼット付ボトル型自立袋)」発表
「ユニパック®コンビ(窓付タイプ袋)」発表
昭和60年
「テンチャックサンド®(多用途PVCファスナー)」発表
昭和61年


浜松工場増改築工事完了
「ラミジップ®ボックスタイプ(サイドガゼット付箱型自立袋)」発表
「ラミグリップ®(PPチャック付ラミネート袋)」発表
「ユニパック®ストロング(耐低温強化タイプ袋)」発表
平成7年

浜北工場増改築工事完了
「ラミジップワイドボックス®(広開口箱型自立袋)」発表
「テンチャック®EVA(エチレン酢酸ビニル共重合樹脂ファスナー)」発表
平成12年
「ユニパック®SS(PE2層フィルム強化タイプ袋)」発表
平成15年
浜北第二工場竣工
平成17年
「ユニパックカラー半透明®規格品」発表
ISO9001取得
平成18年
「ラミジップキュービィ®(サイドガゼット付立方体袋)」発表
「ラミジップウェービィ®(底ガゼット付自立袋)」発表
資本金3億4,020万円に増資
平成19年




「エコマーク付パールソフト®」発表
「機内持込みユニパック®規格品」発表
「アクアシール®付チャック袋」(改ざん防止タイプ)発表
「カラーライン入りポケット付ユニパック」発表
「ラミジップ®折込みスタンドタイプ」(底ガゼット強化タイプ)発表
「4角Rカット各種チャック袋規格品」発表
ラミネート規格品の4角Rカット仕様を拡大し、安全・安心の製品設計を推進
平成22年




浜北第三工場竣工
「パチッとチャック®」発表
「ラミジップホワイトパウチ®(白色ALスタンドタイプ)」規格品発表
「ラミジップ®スタンドタイプ規格品LZ・AL-8(小サイズ)」発表
「ラミジップホワイトパウチ®(白色平袋タイプ)」規格品発表
「クリーニング袋規格品」の新デザイン発表
「ラミジップ®規格品MY・MA(易カットタイプ)」発表
平成26年
「ユニパック®GP(ユニバーサルデザインタイプ) 」発表
「ユニパック®GP規格品」発表
「ラミジップ®Wチャックスタンドタイプ」発表
「トップスライダー®」新色7点を発表